柚子胡椒の梶原食品-HOME商品一覧こだわり柚子胡椒とは製造風景日田市前津江会社概要お問い合わせ

柚子ごしょう(胡椒)とは

home>柚子ごしょうとは

柚子ごしょうは、唐辛子を粗刻みにし、柚子の果皮と塩を入れて磨り潰し、熟成させた薬味。
爽やかな柚子の香りの中にピリッとした唐辛子の辛さが含まれ、様々な料理の味を引き立てる調味料として、高い人気を誇っています。
発祥は九州と言われており、地元では食卓に欠かせない存在。
(九州では、唐辛子のことを胡椒と呼ぶ地域が多く、柚子胡椒と呼ばれるようになりました。)

鍋料理は勿論、うどんやお蕎麦・お刺身・焼き魚・餃子・味噌汁などなど、どんな料理にもおススメできます。
調味料として
黄色くなった柚子を使う

標高500mの高冷地に位置する、自然豊かな日田市前津江。
その寒暖の差の激しい山間地で栽培された、皮が厚く香りの良い「在来種大玉柚子」(ざいらいしゅおおだまゆず)を豊富に使っています。

梶原食品の「柚子ごしょう」は、青い柚子ではなく、黄色くなった柚子を使うことで、深い風味を出すことに成功しました。



胡椒(唐辛子)

唐辛子は、「種」を直接、本場・韓国へ買いに行き、自家栽培ならびに契約栽培しています。
収穫した唐辛子は、虫食いはもちろん、表面の傷があるものや、黒くなった種などを一本一本手作業にて確認して取り除いています。

お客様に安心して食べていただけるよう、手間を充分にかけて作っています。


柚子ごしょうは注文を受けてから調合いたしますので、いつでも作り立ての風味をお楽しみいただけます。

商品一覧
こだわりの柚子胡椒
梶原食品、概要
柚子胡椒とは?
お問い合わせ
手づくりの生産風景
日田市前津江
日々のブログ
リンクページ